« さてまめ太はゴール制限したかも(BlogPet) | トップページ | これも暖冬? »

2007/02/07

霞の向こうには

立春後は文字通り春がやってきまして、いよいよ空にも霞がかかってきました。東上野では今シーズンいまだに雪がふっていないのですが、雪祭りが始まった札幌ですら雨が降っているというのですから仕方ないのかもしれません。
そんな春霞を撮っていた写真です。

20070207

霞を紹介してもしょうがないので、この写真の右にあるヘンテコな建物の話題を。
この建物、昔は確かホテルコジマ(法華倶楽部)という名前だったのですが、この建物を造ったために経営が傾き、フランスのホテルチェーン系列に経営が移ったような記憶があります。それでもって名前をソフィテル東京と変えました。
ここへは1度フレンチを食べに来たことがありますが、それっきり。そうこうしている間に、いつの間にか営業終了、建物自体を解体することになったそうです。
まあ幽霊ビルにするのは悲しいですから、使わなくなった以上解体するのは仕方ないことなのかもしれません。でも奇抜な建築(なんでも菊竹清訓さんという有名な建築家が作ったらしい)がなくなるのは少し残念なような気がします。まして、作って12年で。
さて、この空き地に今度は何が立つのでしょうかねえ。

|
|

« さてまめ太はゴール制限したかも(BlogPet) | トップページ | これも暖冬? »

コメント

こんばんわ!
こちらのホテル、解体されるのですか。
池之端の風景に不思議と馴染んでいただけに残念ですね。
ちょっと勿体ないような気がします。
お写真、本当に春のような空気感ですね。

投稿: igu-kun | 2007/02/08 23:47

igu-kunさん、こんにちは!
以前には何となく景観が他と合わないなあと思っていたのですが、なれちゃうと馴染んでいる感じがして、なくなると思うとちょっと不思議な気もします。
さて、今日も春うららな感じですが、本当にこのまま春になっちゃうんですかねえ…。

投稿: あんみつまめ | 2007/02/10 10:29

いやぁ~!今日はホントあったかかったっ!
ヘンな陽射しだったけど、春のようよ~♪
しかも夜は雷雨だし・・・春みたい・・・
この建物・・・
存在知った時にはすでに解体か・・・

投稿: みっちゃん | 2007/02/10 23:03

みっちゃん、こんばんは!
世の中にはヘンテコな建物がいっぱいありますが、ここもその一つでした。
でも中にはいるとマトモ。部屋は行ったことないですけど、そこから見える景色も、もちろん普通だと思います。そんなところが問題だったのかもしれません。
変といえば、確かに陽気は変。

投稿: あんみつまめ | 2007/02/11 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4396/13827378

この記事へのトラックバック一覧です: 霞の向こうには:

»  ◆解体が決まったソフィテル東京 奇抜な外観のホテル移転へ 東京・上野 [ほんわか温泉情報・旅行日記]
 ◇クリスマスツリーのような外観で知られる東京・上野のホテル「ソフィテル東京」(地上26階、地下3階)の解体が決まり、準備作業が始まった。  ◇不忍池を見下ろし、1泊10万円超の部屋もあった高級ホテル。83室と手狭なため、より多くの部屋数を確保できる代替地を求め、移転を決めた。 ... [続きを読む]

受信: 2007/02/12 02:42

» 菊竹清訓先生のソフィテル東京、解体決定。その後 [アダムスキーの視点]
昨年末、ソフィテル東京解体が決定ましたが、建築はまだ健在です。 [続きを読む]

受信: 2007/02/14 10:05

« さてまめ太はゴール制限したかも(BlogPet) | トップページ | これも暖冬? »